カリキュラム表 「シゴトの韓国語」コース 応用班(後半)

2017 カリキュラム表「シゴトの韓国語」コース 応用班(後半)

週1回:充実の80分授業
教科書:『シゴトの韓国語 応用編』(三修社)、練習プリント、その他資料など

(内容は、あくまでも基本内容です。その他様々なカリキュラムを取り入れます)

教科書 テーマ/内容
第1回 第7章 「ビジネスレターを書きましょう ~業務的レター編」

注文、申し込み、確認、交渉、依頼、催促、講義など、主に業務に関連した内容のビジネスレター(メール、ファックス文書)の書き方を学んでみましょう。ここでは連絡方法の種類になりつつあるメールに焦点を当てます。

第2回
第3回 第8章 「ビジネスレターを書きましょう ~社交的レター編」

ビジネスにおいては、就任や異動のあいさつ、接待へのお礼などのレターを書く必要がでてきます。日韓の取引においては親睦を深めながらビジネスを進める傾向があるのでなおのこと。ここでは社交的レター(メール、ファックス文書)の書き方を見てみましょう。

第4回
第5回 第10章 「プレゼンテーションをしましょう(会社紹介、商品・サービス紹介)」

韓国企業に自社のことを説明するとき、韓国語で行えば相手の理解度も高まり、何よりも日本側の誠意が伝わりやすいでしょう。会社紹介の例、商品・サービス紹介の例を見ながら、どんな表現が使われているのかを知り、自社のものに反映させてみましょう。

第6回
第7回
第8回 第11章 「インターネットを利用し、情報収集をしてみましょう」

調べたいことをインターネットで検索することが一般的になってきましたが、韓国の情報を韓国のサイトで調べようとしてうまく情報にたどり着かず、あきらめたこともあるかもしれません。慣れない韓国語のウェブサイトで迷わないように、情報収集のコツなどを見てみましょう。

第9回
第10回 第12章 「通訳・翻訳を体験してみましょう」

韓国語が一定のレベルまで達すると、通訳・翻訳を「やってみようかな」「できるかな」と思うかも知れません。しかし、通訳・翻訳の技術は「韓国語を不自由なく操る」能力とはまったく別物です。ここでは「通訳(翻訳)してくれる?」と言われたときに慌てないように、その心構えや種類について知り、実践してみましょう。

第11回
第12回

 

※変更又は微調整される可能性があります。

韓国語講座

お気軽にお問い合せください TEL 03-5157-2424 受付時間 月~金 12:00~21:30
土 10:00~18:00
(日曜・祝日休み)

【アクセス・会社概要】

  • facebook
  • twitter

アイケーブリッジ外語学院

電話:03-5157-2424
E-mail:info1@ikbridge.co.jp
住所:東京都港区虎ノ門1-4-4 第二誠ビル5階
Google mapで見る
お電話受付時間:月~金 12:00~21:30 土 10:00~18:00
(日曜・祝日休み)

PAGETOP
Copyright © アイケーブリッジ外語学院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.