字幕翻訳プログラム・通信

定期講座

水野衛子先生に学ぶ~
「実践!字幕翻訳ソフト使用 中国語・字幕翻訳プログラム “通信”」

201710月「基礎クラス」「養成クラス」が新規開講!

92日(土)に無料見学会を実施

「中国語・字幕翻訳プログラム “通信”」のご案内です。

「字幕翻訳の仕事に興味があるけれど、通学できない」
「翻訳ソフトを使ったことがない」「何から初めて良いか分からない」
そんな方に、朗報です!

当通信プログラムの①基礎クラスは、 初めて中国映画・ドラマの字幕翻訳を体験する方のための講座 です。すべての方が、プロが使用する字幕翻訳ソフトを使用し、翻訳のエッセンス習得と、ソフトの扱いを一挙両得できます。”基礎クラス”修了後には、”養成クラス”にお進みいただくことができます。

②養成クラスは、受講をしながら字幕翻訳会社のトライアルテストにパスできたり、 すでにお仕事を受注されている方が新たなヒントを得、さらに翻訳の質を上げていただくことを目的とするクラスです。

2012年4月に字幕翻訳プログラムを開講して以来、3人に1人が字幕翻訳家としてお仕事を受注しています。
皆さんの中国語能力を無駄にすることなく、中国映画やドラマを通じ、中国文化や最新の話題の伝道師になってみませんか? 夢の実現に向けて、当校が応援させていただきます!

受講生:五十嵐さんの声はこちら

スケジュール

水野衛子先生に学ぶ~字幕翻訳プログラム”通信”
①基礎クラス/②養成クラス
各クラス詳細 ①基礎クラス 10/12初回課題提出
課題提出日 全10回
10/12、10/26、11/9、11/22、12/14、2018/1/11、1/25、2/8、2/22、3/8
※17:00までにご提出いただきます。
対象 【中国語レベル】漢語水平考試(HSK) 8級(旧HSK)、6級(新HSK)取得レベル、中国語検定2級取得レベル
【字幕翻訳に関し】字幕翻訳ソフトを使用したことのない方。または、使用したことはあるが、基礎からもう一度学びたい方
必要事項 字幕翻訳ソフトを、ご自身のパソコンにインストールしていただきますので、ご自身のパソコンは必携です。OSは、Windows7以上(日本語版)を推奨します。
料 金 入会金:5,000円 + 税
受講料:120,000円 +税(全10回)
字幕翻訳ソフト代:15,000円~25,000円(1年間使用可能)
②養成クラス 10/12初回課題提出
課題提出日 全10回
10/12、10/26、11/9、11/22、12/14、2018/1/11、1/25、2/8、2/22、3/8
※17:00までにご提出いただきます。
対 象 【中国語レベル】漢語水平考試(HSK) 8級(旧HSK)、6級(新HSK)取得レベル、中国語検定2級取得レベル
【字幕翻訳に関し】当校の“基礎クラス”を修了された方、SST-G1を使用した講座を受講したことがある方、現在字幕翻訳家としてお仕事をされている方
料 金
入会金:5,000円 + 税

受講料:110,000円 +税(全10回)
字幕翻訳ソフト代:15,000円~25,000円(1年間使用可能)
※すでに字幕翻訳ソフトをお持ちの場合にはお知らせください

講師 水野衛子 講師紹介はこちら
(実績-『妻への家路』、『サンザシの樹の下で』、『HERO』、『初恋のきた道』など多数) 水野衛子映画作品はこちら
授業の流れ <授業前~翻訳ソフトの導入>※基礎クラスの方のみ

皆さま個人のパソコンに、字幕翻訳ソフトをインストールしていただきます。各自、ソフトの動作確認を行っていただきます。
※パソコンのOSは、Windows7以上(日本語版)を推奨します

<授業の流れ>

  1. 全10回で、中国で話題の映画1作品またはドラマ2話分の全翻訳に取り組みます。一回の講座で、10分前後の字幕翻訳をしていただきます。基礎クラスの最初の5回はセリフの「ハコ割り(字幕が切り替わるタイミング)」が指定されたファイルを用い、そこに日本語訳をつけ、後半の5回はご自身で「ハコ割り」と日本語訳を行っていただきます。養成クラスは初回からハコ割りと日本語訳の両方を行っていただきます。
  2. 課題提出日の12時までに課題をご提出ください。翻訳をしたファイルを当校担当係にお送りいただければ、皆さまの付けられた字幕の横などに講師が直接コメントを付けます(ご質問も受け付けます。詳細は下記注意事項参照)。
  3. 講師チェック済みのファイルを、ご提出後一週間以内に担当係よりお送りします。「模範翻訳」もご覧になれます。
  4. 通学クラスが同時開講している場合、通学クラス授業後に講師から発行された「おさらい(復習)メール」と「模範翻訳」をメールで受け取ることができます。おさらいメールは、映画を読み解くポイントやより良い訳を出すヒントに満ちており、保存資料としてもお役立ていただけます。通学クラスが開講していない場合は、添削コメント内に同様の内容を書かせていただきます。
スクーリングの実施 通信講座実施期間中に通学クラスが並行して開講されている場合、一度のみ、通学の授業をご見学いただくことができます。参加希望日前々日18時までにお申し出ください。

課題は通常通りご提出いただき、講師が添削します。通学授業当日、スクリーンに通信生の日本語字幕を映し出すことはありませんが、授業を聴講していただくことができます。直接講師と話したり、他受講生の翻訳を見たりすることで、さらなる気付きや発見が得られるでしょう。

通学クラスが開講していない場合は、ご来校時、スタッフがカウンセリングを実施させていただきます。学習の進み具合、目標の再確認やお仕事受注のご相談など承ります。

モチベーションアップのために、是非スクーリングをご利用ください。

その他 <講師への質問方法につきまして>

  • 講座に課題を提出する際、メール本文に質問事項をお書き下さい(最大5項目)。
  • 添削済みの課題を当校より送付する際、講師からの回答もメールで同送します。添削したファイル内に直接回答が書いてある場合もあります。
  • 講師が添削した課題について質問が出てきた場合も、質問を受け付けます。
    但し、新たに提出する課題の質問と合わせ5項目以内でお願いします。

<注意事項>
以下の様なコメントがございましたら、メールに【通信欄】という項目を設け、そちらにお書き下さい。基本的にコメントに対する講師の返答はございませんが、ポイントをついた内容であったりする場合に、講師が返答することもございます。
【通信欄】
字幕番号35に関し、「ぶっちゃけ」としたかったのですが、字数がオーバーするので「正直」としました。

当校の「字幕翻訳プログラム」の特徴

字幕翻訳家の能力として最も大切なのは、作品に込められた監督、脚本家の意図するところ、時代背景、文化背景を読み取り、それを日本という環境で暮らす人々に分かりやすく伝える能力といえるでしょう。そして、その作品の持つ活き活きとした魅力を損なわずに、端的で分かりやすい日本語訳を付けることができるか。当プログラムは、水野先生のご指導のもと、これらの能力を養うことを第一目標にしております。

お仕事の受注を受ける先の翻訳会社によって様々な決まりがありますが、それらの決まりは翻訳会社登録後に身につけることもできます。まずは、翻訳会社、視聴者を唸らせる名訳を出すことを目標にしましょう!

お申込み方法

こちらのフォームよりお願いします
「講座に期待すること」欄に「中国語字幕翻訳プログラム“通信クラス”希望」とお書き下さい。

お気軽にお問い合せください TEL 03-5157-2424 受付時間 月~金 12:00~21:30
土 10:00~18:00
(日曜・祝日休み)

【アクセス・会社概要】

PAGETOP
Copyright © アイケーブリッジ外語学院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.