<第858号目次>
■今週の’知っトク’単語と会話〜「『とにかく、トッポッキ』。私たちにとってのトッポッキは?」
■アイケーブリッジ通信〜「語学学習者の皆さんに、その先を」
■アイケーブリッジ外語学院〜 実践通訳講座 7月期 若干名 途中入会受付中

□ アイケーブリッジ外語学院の情報を更新中(^_^)/
スタッフブログ(アメブロ)/ Facebook/ twitterツイッター/ インスタグラム

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■今週の’知っトク’単語と会話〜「『とにかく、トッポッキ』。 私たちにとってのトッポッキは?」 (担当:幡野)

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

当校プライベートレッスン受講生、澤田今日子さんによる
翻訳書『とにかく、トッポッキ』が、クオンより出版されました。

原書は韓国でシンガーソングライター、作家、また書店店主としてマルチに活動する
요조(ヨジョ)さんのエッセイ集『아무튼, 떡볶이』です。(クオンHPへ)

とても可愛らしいデザイン。
赤い模様は実際の떡(トk/餅)で判を押したのだとか。日本語版の出版にあたっての「はじめに」より。

—–
この本は当初、単純にトッポッキが好きだという内容の愉快な告白になるのだろうと、
軽い気持ちで書き始めました。ところが面白いことに、書き終えてみるとわたしの
自叙伝とも言える一冊になっていました。どのように幼少期を送り、いかに10代を
過ごしたのか。20代を経て、30代のわたしはどんな人間になったのか。
トッポッキを通じて振り返るうちに、それが整理されていったことに気が付きました。
—–

そう、韓国で育った人、特に女性にとって、とにかく!トッポッキは欠かせない
存在なんですよね……。そして、아무튼(アムトゥン/とにかく、とにもかくにも)は、とっても便利な韓国語!

注目させる、(まとまりつかない)話をまとめる、大切さを訴える…そんな魔法の一言です。

そして、「はじめに」の最後には、

—–
わたしにとってのトッポッキのような食べ物が、あなたにもきっとあるはず。
それはどんなものでしょう?
—–

こんな問いかけもありました。ふむ…みなさんにとって、トッポッキに替えられる
食べ物はありますか?
韓国の女の子とトッポッキは、あの屋台の前で制服を着たまま(買い食いは
大丈夫なのだろうか?という疑問はさておき)、もしくは若いOLさんがお腹が空いて、
でもお店に一人で入るよりは、と、やはり屋台でひとりでトッポッキをほうばる、
そんな韓国の光景とリンクするんですよね。
というと、ただの「好きな食べ物」ではないんですよ。そんな青春かつ日々の
さりげない思い出が詰まった、お腹いっぱいにもなれて、日常欠かせない食べ物……
私たち日本人にはどんな食べ物になるでしょうか。

もしかすると……、おにぎり?

아무튼, 삼각김밥(アムトゥン、サmガッキmパp/とにかく、おにぎり)

おにぎり……、人の数だけ、そしてその人のなかにも無数に思い出が詰まってそうです。
お母さんのおにぎりは?その具は?とかですね。語りだすと止まらなく
なりそうなので、またの機会に!

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ アイケーブリッジ通信〜「語学学習者の皆さんに、その先を」(担当:幡野)

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

前のコーナーでご紹介した書籍の翻訳者でいらっしゃる澤田さんからは、
こんな嬉しいお話も伺いました。

今回、翻訳をされるに至ったその元には当校からの情報があって、そこから
いろんな縁で繋がっていったのだそうです。

ここのところ、7月開講クラスのための講座説明会が何回かあったのですが、
説明会の際にわたくし幡野からお話しすることがあります。

それは、当校開講のきっかけ。いろいろある中の一つは、語学学習者の皆さんに
「その先」を示してあげたい、ということでした。

20代前半、趣味で韓国語の学習を始めたは良いものの、今のような情報化社会
ではなく、講座は雑誌で情報を見つけ、学習者はクラスメイトの5人しか知らない。
知り合いの韓国人は先生だけ。

初学者だったころは、純粋に韓国語の学習が楽しかったのですが、学習を進める
うちに、 「私が勉強していることは、何か身になるのか、勉強していてどうなるのか」と
自問自答するようになったのです。

クラスメイトは安定した仕事についている年上の方が多く、「何か韓国語を使った
仕事がないか」と問いかけても、「ないんじゃない〜」なんて返されてしまう…。

私は他に何もなかったので、韓国語になんとかしがみつきましたが、ここで
学習をやめてしまう人もいるかもしれません。でも、それはとても残念なこと。

仕事でなくても良いんです。自分の学んでいることが日々の励みになったり、
誰かの役に立ったり、その意味を持たせ、実感させてあげられるような存在としての
韓国語学校を開きたいと思ったんですよね。

というわけで、澤田さんからのご報告は私にとって、最もうれしいお話しでした。
これからも、受講生の皆さんに「これから」を示すべく、努力していきたいと
思っています!

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■アイケーブリッジ外語学院〜 実践通訳講座 7月期 若干名 途中入会受付中

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1. 実践通訳講座 7月期 若干名 途中入会受付中

「通訳訓練って、どんなふうに行うの?」「上級レベルのクラスを探している」
「通訳のしかたが分からず、自己流でこなしている。自信がない」
そんな方はいらっしゃいませんか?

この講座は、韓国の通訳翻訳大学院等を修了し、現在、通訳の現場で活躍する
韓国語ネイティブと日本語ネイティブの講師2名が 「通訳・翻訳」をするために
必要なトレーニング方法、技術などを伝授します。

・さらにレベルアップしたい上級者の方
・通訳スキルを身に付けたい方
・韓国の通訳翻訳大学院に入学したい方
そんな皆さんのお越しをお待ちしております!

講座詳細

★学習相談、レベルチェック、お気軽にお申込ください!
zoom(オンライン)で実施します。⇒こちらから

【お問合せ】
アイケーブリッジ外語学院 担当係
電話:03-5157-2424
E-mail: info1@ikbridge.co.jp
(お電話受付時間:月~金 12:00~21:30、土 10:00~18:00)
住所:東京都港区虎ノ門1-4-4 第二誠ビル5階 (地図

《《《読者3,000名!「まぐまぐ殿堂入り」を果たしました!
読者の皆様、ご購読有難うございます》》》

【当メルマガを韓国・韓国語に興味のあるお友達や周りの方々にご紹介ください】

(以下をそのまま転送してください!)
【お勧めメルマガ「知ってトクするシゴトの韓国語」です】
http://www.mag2.com/m/0000126294.htm

_☆__編集後記______________________☆__

もう7月。今年も半分が過ぎました。あっという間ですね。後半も頑張っていきましょう!
(幡野)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

次号(第858号)の発行は、2021年7月8日(木)の予定です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行:有限会社アイケーブリッジ http://www.ikbridge.co.jp
〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-4-4 第二誠ビル5階
TEL: 03-5157-2424 FAX: 03-5157-2425

内容に関するご意見・ご要望・お問合せはこちらまでお願い致します。

※前回までのメルマガバックナンバーはこちらです。

※配信先メールアドレスの変更・配信停止はこちらです。

*「知っトク単語&会話」コーナーでは、まだハングルに慣れ親しんでいない方のためにカタカナで読み方をふっています。
しかしカタカナ表記では、韓国語のパッチム(終声・子音)を表すことに限界がございます。ご了承下さい。

(c)2004-2021 I.K.Bridge co.,ltd.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━